インコと遊ぼう
 
HOME>>飼おう!>>病気

病気

消化器の弱い鳥です。なので、ちょっと油断するとすぐ下痢になってしまいます。とくに生後間もないヒナや、高齢のインコは下痢から様々な病気を引き起こす可能性があります。エサ、室温、ストレスなどいろんな点に注意する必要があります。

トリコモナス

 

かかりやすい病気の一つに、トリコモナスが挙げられます。このトリコモナスという病気は、トリコモナス原虫の感染で起こります。なかでも、ヒナや若鳥に多い病気といわれています。はじめは“そのう”に寄生します。そのあと食道から副鼻腔などにも寄生していきます。 トリコモナスの症状としては、食欲低下、吐きもどしなどがあります。仮に吐きもどすものがなくても、そのようなしぐさをしたり、羽を膨らませたままでじっとしていることが多いときは、トリコモナスかもしれません。そのほかにも、くしゃみや結膜炎のような症状が出たり、体重が減っていくようなことがあれば、トリコモナスの疑いがあります。もし、トリコモナスになってしまっても早期の治療で治すことができます。また、トリコモナスを予防するには、感染していると思われるものはヒナを遠ざけましょう。

“そのう”とは?

羽の付け根と首のまわりに“そのう”と呼ばれる袋を持っています。“そのう”は食道の一部が発達したもので、食べたエサはいったんそこにたまってから消化されます。多くの鳥には“そのう”がありますが、なかには無い鳥もいます。かかりやすい病気は、“そのう”と関係することが多いです。

クラミジア

クラミジアもかかりやすい病気ですね。この病気は、クラミジアという微生物に感染することで起こります。別名をオウム病とも言われていて、鳥以外に人間にも感染するとされています。鳥の場合は元気がなくなり、羽を膨らませてじっとしていることが多くなりますね。そのほかにも、下痢やくしゃみ、鼻水といった症状があらわれます。また人に感染した場合は、インフルエンザと同じような症状が出ます。クラミジアも成鳥がなっても症状は出ませんが、ヒナは発症しやすいです。クラミジアも早期発見と治療が大切ですよ。また、トリコモナスと同じく、感染していると思われるものからヒナを遠ざけることが予防になります。人間にもうつるため、キスしたりするのはやめましょう。

「そのう炎」

 

「そのう炎」とは、その名のとおり“そのう”に炎症が起きてしまう病気です。このように“そのう”に炎症が起こる原因は、細菌やカビ、それからトリコモナスなどが“そのう”に感染する場合と、不適切なエサを与えている場合の2つが考えられます。とくにヒナのエサに使われる粟玉(あわだま)には、卵黄が含まれています。それをお湯でふやかすため、長時間放っておくと、腐りやすくなります。また、消化されにくいエサは“そのう”の中で腐ってしまいます。それも「そのう炎」を引き起こす大きな原因になるので、気をつけましょう。「そのう炎」になると、下痢や吐きもどしのほかにも、頻繁にあくびをしたり、鳥かごにくちばしをすりつけるようなしぐさを繰り返すといった症状があらわれます。 きちんと治療すれば治る病気ですが、これは発症する前に飼い主の心がけで、いくらでも予防することができます。人間の食べ物を与えない、常に新鮮なエサを与える…ペットを飼ううえで当たり前のことが予防につながります。

「ジアルジア症」

「ジアルジア症」も、よく見られる病気です。ジアルジア原虫が寄生することで発症します。元気がなくなって、食欲低下や黄緑色の軟便をする…などの症状があらわれます。そして、その軟便は切れが悪いという特徴があります。さらに、視力障害や自分で羽を抜いてしまう毛引きといった症状も時には出てきます。この「ジアルジア症」も体力や抵抗力のないヒナなどに発症しやすいといえますね。こういった原虫の寄生による病気の予防は何とも書いていますが、感染が疑われるものにヒナを寄せ付けないことです。フンの状態を毎日欠かさずチェックしていれば、異変にも早く気づくことができます。早期の治療でちゃんと治りますよ。

インコについて知ろう!

インコってどんな鳥?

インコの種類・インコ科

インコの種類・オウム科


インコを飼おう!

インコの生態

インコの病気

インコの飼育に必要なものと注意点

インコのエサ


インコと仲良くなろう!

コンパニオンバードとしてのインコ

インコは家族の一員!

このページをブックマークする
 
copyright (c) 2008 インコと遊ぼう All Rights Reserved.